マンション投資がうまくいかなった例

マンション投資の失敗例に挙げられているものの中には、あまり名前を聞かない不動産業者がしつこい位の電話攻勢で勧誘を勧めたといった事があります。

うちの持っている物件でマンション投資すればどんなに儲かるかといった目先の利益を繰り返し言われるとなんだかそんな気になってくるのが人間です。

安易な選択をした挙句、契約したはいいが、思ったように収益が出ないとか中古物件で生じる問題や失敗を知らなかったであるとか、入居者とトラブルになったが対処してくれなかった、果てはいつのまにか連絡が取れなくなってしまったなどといった例があります。

また自分ではいい場所に新築で建てたつもりでも意外と人気が無かった場所で入居者が決まらなったとか、入ってもすぐ退去となるのでクリーニング代もばかにならないといった点、修繕費用がかかりすぎることを考えていなかったとか契約してから出てくるトラブルは案外多いものです。

こういったことは事前に調べればわかることともいえますが実際には多くの知識を必要とする事が多いため自分一人で出来ることには限界があるということを知るべきです。

マンション投資の失敗の中には家賃保証の問題も多くあります。

あるサラリーマンがたまたま知った不動産業者にいい中古物件があるといわれ、自分でもなかなかいいと判断したため投資目的で購入したそうです。

その際、空き室になった時の保証の事を知らないまま契約したそうですが、その後退去が続き空き室状態も続いたということです。

契約した時には全室入居していましたから、空いたからといってそう長くはその状態が続かないといった判断の甘さもあったと思いますが、仲介の業者は入居者探しはしてもその間の家賃保証まではしてくれなかったそうですから、実際には返済する額よりマイナスが続いて困ったということでした。

さらに退去者が出るたびに掃除などや器具を換えたりといったことは全部自分が負担しなくてはならないといったこともあり、収支と支出が全く割に合わないと嘆く結果になりました。

こういったことはよくあるそうで、ここでも失敗しないためのマンション投資で問題になるのは安易な契約はしない、信用できる業者に合うまでは自分で勉強することを続けるといったことではないでしょうか。